L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

競合他社

今月支払いの給料から社会保険料が変わるんですよね~

労務やっているとほんと忘れる、コレ。



年一回しかやらない事がすごく多いので、起業した後は本当に心してかかって下さい(涙)。



今日は競合他社について。

ライバルを調べるのはよくやる事だと思うんですけど、起業前の、特にオクサマの場合は競合他社を見るとひるんでしまう人が多いように思います。

もうやっている人がいるんだー…みたいな。

でも、周りで誰もやっていない商売ってかなり厳しいんですよね。

結構始めたけど潰れちゃってるケースが多い。

競合他社がいるという事は、その場所に見込み客がいると思って間違いないです。
しっかりと調べて、参考にして、それよりも良いものを提供すればいいんだと前向きに考えましょう。


さて、競合他社を見つけるには、通りかかって「あ」と言う事もあれば、ネットで調べたりもできますよね。

キーワードをいくつか入れて検索してみます。

ヒットしたらそのホームページは隅から隅までチェック!

習い事教室であれば、特に対象年齢、定員、場所、価格は全部メモを取ります。

何件か競合がいるなら、その価格帯が違う事も多いですが、なぜ違うのか?を考えてみます。

特に高額な月謝を貰っているところはなぜそこまで強気に出て、今もなお存続しているのかはとても参考になります。

私の場合は英語教室なので、高額なところは軒並み「外国人講師!」とか「オールイングリッシュ!」とかが売りだったようです。

だいたいのブームがわかりますよね(笑)。

外国人のレッスンの方がよさそうな気がする保護者の方は今の時代は多いと思います。あと5年、10年もすれば変わると思いますが…

私は当時自分ひとりで稼いでも目標金額に届かないと思ったので、外国人講師を雇用しました(これがまた後で嵐を生むんですけど、それはまたいずれ笑)。


同業他社を見ると、どういう事をやっていて成功しているのか、また何にお金をかけているのかわかってきます。

スマホで同業他社を検索すると、ネット上の広告が軒並み「それ系」のものにかわったりもします。そういったところから芋づる式に他の同業他社を見てみるのもお勧めです。

他社を調べて観察し、よりよいスタートを切るために勉強時間はしっかりと取りましょう。


↓↓来週は…何しよう?

女性起業家ランキング
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する